Pat Metheny : パット・メセニー

Pat Metheny : パット・メセニー
Biography

パット・メセニー(Pat Metheny、1954年8月12日 – )はアメリカ人ジャズギタリストでパット・メセニー・グループのリーダーである。ミズーリ州リーズサミット出身。兄にジャズトランペッターのマイク・メセニーがいる

 ・ パット・メセニーのページ:100JazzGuitar.com

Pat Metheny : パット・メセニーの生い立ちと活躍

1954年8月12日、カンサス・シティ、リーズ・サミット生まれ。13歳でギターを独学で始める。
1972年ゲイリー・バートンのコンサートの際、メセニーは彼の楽屋に行き、自身の演奏を披露しバートンのグループの加入を願う。バートンはメセニーの実力を認め、彼の推薦で18歳でバークリー音楽大学の講師を務めた。

 ・ Spotify : Pat Metheny Group : パット・メセニー・グループ

1974年、ゲイリー・バートンの『リング』でレコーディング・デビュー。
1975年にジャコ・パストリアスを迎えて発表した初リーダー作『ブライト・サイズ・ライフ』をECMで発表しソロ・キャリアをスタートさせた。
1977年にバートンのグループを離れセカンド・アルバム『ウォーターカラーズ』を発表。このアルバムで共演したキーボディストのライル・メイズらと”パット・メセニー・グループ”を結成、1978年に『パット・メセニー・グループ(旧邦題:想い出のサン・ロレンツォ)』を発表。オリジナルメンバーはライルに加え、マーク・イーガン、ダン・ゴッドリープ。以後『アメリカン・ガレージ』(1979年)、『オフランプ(旧邦題:愛のカフェ・オーレ)』(1981年)、『ファースト・サークル』(1984年)を発表する。

1985年に自主プロダクション、メセニー・グループ・プロダクションを設立し、配給レーベルをゲフィン・レコードと契約。1986年に同社からの第1弾アルバムとして、オーネット・コールマンと連名の『ソングX』を発表。その後、ブラジル音楽の要素を取り入れた、『スティル・ライフ』(1987年)、『レター・フロム・ホーム』(1989年)を発表し、ヒット作を次々と生み出す。
1997年にワーナー・ブラザーズ・レコードと契約。しかし、2004年にはワーナー・ミュージック・グループの大幅な改編に伴いワーナー・ブラザーズ・レコードはジャズ部門を閉鎖、同グループのノンサッチ・レコードに移り契約。ゲフィン期のディスコグラフィをリイシューし始める。 2008年、ECM期のディスコグラフィをSHM-CD仕様でリイシューして発売した。この時は、初回限定盤だったが、2011年に廉価版として再発された。

2010年には新ソロ・プロジェクト「オーケストリオン・プロジェクト」を開始。これは、19世紀末から20世紀初頭に実在した、オーケストラ等で使用される楽器を自身のキューによって同時演奏することができる機械仕掛けである。これを用いた世界ツアーをし、11月にニューヨーク州ブルックリンにあるセント・エリアス教会で2日間収録したものは2013年に映像化と音源化された。

2012年にはクリス・ポッター、ベン・ウィリアムズ、アントニオ・サンチェスと新バンド、ユニティ・バンドを開始した。2013年には作曲家でサクソフォニストのジョン・ゾーンの楽曲集”BOOK OF ANGELS”の2集目となる”Masada Book”の楽曲を取り上げたTap: Book of Angels Volume 20を発表。ノンサッチとジョンの自主レーベルからジャケット・仕様違いで発売されている。これはほかのミュージシャンも取り上げているシリーズの20集目となる。