ジャミロクワイが、このセカンドアルバムを発表した当時、イギリスのソウル・ファンク・アシッド・ジャズシーンは有名なクラブDJたちやソウル㈼ソウル、ブランド・ニュー・へヴィーズ、インコグニートやヤング・ディシプリンズなどのバンドに制圧されていた。そして、ジャミロクワイは、ジェイ・ケイのヴォーカル、パワフルなソングライティング、タイトなアンサンブルプレイを武器にしていた。何よりも、ケイの伸びやかなヴォーカルはスティービー・ワンダーを彷彿とさせる。バンドのソングライターとして、ケイは「ジャスト・アナザー・ストーリー」、「マニフェスト・デスティニイ」などで、社会の暗部をえぐりだす。また「スティルネス・イン・タイム」、[ライト・イヤーズ]で、啓蒙活動を強力にサポートしている。彼は異国籍バンドをを率い、シャボンのようにファンキーなラブ・ソング「ミスター・ムーン」やジャジーで甘い「ハーフ・ザ・マン」を奏でる。ディスコサウンドとファンキーソウルをうまくミックスして、ジャミロクワイはシンセの音さえ心地よく聞こえる音楽を確立している(スザンヌ・マッケルフレッシュ, Amazon.com)

 ・ amazon : Jamiroquai 02. The Return of the Space Cawboy (1995) / スペース・カウボーイの逆襲

 ・ spotify : Jamiroquai 02. The Return of the Space Cawboy (1995) / スペース・カウボーイの逆襲

ディスク:1
1. Space Cowboy
2. Stillness In Time
3. Half The Man
4. Light Years
5. Manifest Destiny
6. The Kids
7. Mr. Moon
8. Scam
9. Journey To Arnhemland
10. Morning Glory
11. Just Another Story
12. Light Years (Live)