George Benson : ジョージ・ベンソン

George Benson : ジョージ・ベンソン
Biography

ジョージ・ベンソン(George Benson, 1943年3月22日-)はアメリカペンシルベニア州ピッツバーグ出身のジャズ・フュージョンを中心に活動しているギタリストで歌手。

 ・ ジョージ・ベンソンのページ: www.100JazzGuitar.com

George Benson : ジョージ・ベンソンの生い立ちと活躍

3歳よりプロの道を目指す。1963年、ジャック・マクダフのバンドに加入。1964年、マクダフのサポートを得て、The New Boss Guitarでバンド・リーダーとしてもデビューする。1968年には、マイルス・デイヴィスの初のエレクトリック・ジャズ作品マイルス・イン・ザ・スカイ(’Miles in the sky’)のレコーディングに参加。
初期はウェス・モンゴメリー系のストレート・アヘッドなジャズを演奏していたが、1970年代以降はフュージョン系のアーティストに転じる。

 ・ Spotify : George Benson : ジョージ・ベンソン

1976年にワーナー・ブラザーズ・レコードに移籍、この年に発表したBreezin’ はプロデューサー、トミー・リピューマを迎えており、タイトル曲は彼の代表作となるほどにヒットした。このアルバムに収録された”This Masquerade”で、ヴォーカリストとしても注目され、以後ヴォーカル曲も積極的に取り入れていく。アルバム20/20(1984)やIrreplaceable(2004)等歌手として特化したアルバムも出している。 1980年代にはブラック・コンテンポラリーの旗手の一人としても認知され、ジャズ・フュージョンを母体としつつも、より商業的な音楽世界に積極的にアプローチしてゆく姿勢も窺えた。
1984年発表の「NOTHING GONNA CHANGE MY LOVE」(変わらぬ想い)は甘いボーカルのラブソングとして現在も代表作である。

1994年に”Turn Your Love Around”をサンプリングしたEAST END×YURIの『DA.YO.NE』が日本では流行ったが、作曲者のビル・チャンプリンらの許可は得ずに使用していた。彼らは使用料の支払いで和解している。
1996年よりGRPレコードに所属。2006年にはコンコード・レコードのモンスター・ミュージックに移り、アル・ジャロウとの共作、Givin’ It Upをより発表。2009年には音楽活動をほぼ停止していた、スモーキー・ロビンソンやビル・ウィザースらを作曲陣に迎え、Songs and Storiesを発表。バックミュージシャンも活動を停止したTOTOの主要メンバー等豪華なメンバーを取り揃えている。