Deodato : エウミール・デオダート

Deodato : エウミール・デオダート
Biography

エウミール・デオダート(Eumir Deodato de Almeida、1942年6月22日 – )は、ブラジル出身のクロスオーバー/フュージョン・ミュージシャン、アレンジャー、キーボード奏者。70年代以降は主にデオダート名義で活動している。

 ・ Spotify : Deodato : エウミール・デオダート

Deodato : エウミール・デオダートの活躍

1964年、ブラジルでデビューした後、1967年頃からジャズレーベルCTIなどで名アレンジャーとして、フランク・シナトラ、アレサ・フランクリン、アントニオ・カルロス・ジョビン、マルコス・ヴァーリ、ミルトン・ナシメントなどの数々のアルバムの製作に携わる。

1973年には、デオダート名義で、アルバム”Prelude”を発表、未だ「クロスオーヴァー」、「フュージョン」という言葉も無かった時代にクラシック作品をジャズテイストにアレンジした「ツァラトゥストラはかく語りき」が大ヒットする。

1973年に発表した”Deodato2″でもジョージ・ガーシュウィンの「ラプソディー・イン・ブルー」のカバーを含み、彼の代表アルバムに数えられている、この曲の他ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」、スティーリー・ダンの「ドゥ・イット・アゲイン」、ムーディー・ブルースの「サテンの夜」、などもカバーされている。

CTIを離れてからはMCA、ワーナー・ブラザーズ・レコードと渡り歩き、1978年発表の「ラブ・アイランド」がヒットする。1980年代以降ソロ活動は控えめになっていくが、アース・ウィンド・アンド・ファイアやクール・アンド・ザ・ギャング他、ビョーク、Kevin Rowland、小野リサ等、幅広いアーティストのプロデュースをしている。

2001年に15年ぶりにソロ活動を始め、コンサートを中心に活動し始める。2008年8月にはコットンクラブ東京にて来日公演を果たし、以降時折来日している。2010年には久々のソロ作The Crossingを発表。