Candy Dulfer / キャンディ・ダルファー - 100SmoothJazz.com

Candy Dulfer / キャンディ・ダルファー
Biography

キャンディ・ダルファー(Candy Dulfer, 1969年9月19日-)はオランダ・アムステルダム生まれのアルトサックス奏者。

1989年にオランダの映画「Lily Was Here」のサウンドトラックに参加し、キャンディ・ダルファーが起用された同名のタイトル曲がヨーロッパのヒット・チャートで1位を獲得、世界的に人気を得る。翌年ファーストアルバム”Saxuality”を発表。このアルバムは米・ビルボード誌のトップコンテンポラリージャズアルバムチャートで4位を記録、ミリオンセラーのヒットとなり、グラミー賞にノミネートされた。

 ・ Spotify : Candy Dulfer : キャンディ・ダルファー

Candy Dulfer / キャンディ・ダルファーのアルバム

“Saxuality” (『サクシュアリティ』) 1990 Arista/BMG
“Sax-A-Go-Go” (『サックス・ア・ゴー・ゴー』) 1993 Arista/BMG
“Big Girl” 1995 The Netherlands/BMG
“For The Love Of You” 1997 Nederland/BMG
“The Best Of Candy Dulfer”(日本国内版のみ) 1998 BMG Japan
“The Best Of Candy Dulfer” 1998 N2K Inc.
“What Does It Take” 1999 N-Coded Music
“Girls Night Out” 1999 Nederland B.V./BMG
“Live In Amsterdam ” 2001 The Netherlands/BMG
“Dulfer & Dulfer” with her father Hans Dulfer 2001 Eagle
“Right In My Soul” 2003 Eagle
“Live At Montreux 2002” 2005 Eagle
“Candy Store” 2007 Heads Up
“Funked Up & Chilled Out” 2009 Heads Up
“Crazy” 2011 In-Akustik