Al Jarreau : アル・ジャロウ

Al Jarreau : アル・ジャロウ
Biography

アル・ジャロウ(Alwyn Lopez “Al” Jarreau、1940年3月12日 – 2017年2月12日)はアメリカのジャズ・ボーカリスト。ポップ分野でも活躍。
広い声域に、ソフトかつ伸びやかな歌声と卓越したボーカル・テクニックを持ち、中でもスキャットは特技ともいえるほど優れた個性を確立した。

 ・ Spotify : Al Jarreau / アル・ジャロウ

Al Jarreau / アル・ジャロウの略歴

ウィスコンシン州ミルウォーキー出身。アイオワ大学で心理学を学び、数年間はカウンセラーの仕事をしていた。後にロサンゼルスへ渡り、ジャズ・クラブで歌い始める。1975年にワーナー/リプリーズからデビュー。1978年にLook to the Rainbowが、1979年にAll Fly Homeがグラミー賞の最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム賞を受賞した。

1980年からはジェイ・グレイドンやナイル・ロジャース、ナラダ・マイケル・ウォルデンらのプロデュースの下、AOR/ブラック・コンテンポラリー路線でポップ分野でのヒットも生み、1982年にはBreakin’ Awayでグラミー賞の最優秀男性ポップ・ボーカル賞と”(Round, Round, Round) Blue Rondo A La Turk”で最優秀ジャズ・ボーカル賞を、1993年にはHeaven and Earthで最優秀R&Bボーカルを受賞した。この功績によりジャズ、ポップ、R&Bの3部門にまたがってグラミー賞を獲得した、最初の個人となる。

1985年にはUSAフォー・アフリカに参加し、ウィ・アー・ザ・ワールドのブリッジ部分(ウィリー・ネルソンの次、ブルース・スプリングスティーンの初回の前)でリードボーカルをとった。
1999年にワーナー/リプリーズからヴァーヴ傘下のGRPに移籍。ジャズ寄りの作品も発表している。
2006年にはギタリスト兼ヴォーカリストのジョージ・ベンソンとの共作、”Givin’ It Up”を発表しており、自己のヒットナンバー、”Mornin'”をカバーしている。
2010年7月に公演先のフランスで呼吸障害で倒れ、病院に搬送。「重篤な状態」とも報道されたが、順調に回復。9月には日本で元気な姿で公演も行われた。
2017年2月12日、ロサンゼルスの病院で76歳で死去。 (Wikipedia)